ドラマ

映画ダウントン・アビーネタバレ感想…波乱万丈ドラマのその後は?愛と王室と相続で大騒ぎ

映画「ダウントン・アビー」を観てきました。

タイタニック号の時代にはじまる、英国貴族と使用人達の人間ドラマ。世界でヒットした英国TVシリーズ「ダウントン・アビー」がついに映画化!

かおり
かおり
英国貴族お屋敷もの大好きなわたくし、秒でハマりましたわダウントン・アビー、おほほ

シーズン6で幕を閉じたドラマ後の、1927年。おなじみダウントン・アビーに、バッキンガム宮殿から一通の手紙が届いたことから始まる、騒動が描かれます。伯爵家の相続問題も再燃!

メアリー、イザベル、相変わらずのグランサム伯爵一家と、ダウントン階下使用人チーム。いつもの英国式笑いに心温まり、大画面で風景と衣装を堪能!ドラマファンは間違いなく幸せになれる、後日譚でした。

この記事では、映画「ダウントン・アビー」のネタバレ感想をまとめました。

大人気のドラマシリーズ「ダウントン・アビー」はAmazonプライムビデオで観られますよー!

\月408円で映画・ドラマが楽しめる/
>>プライムビデオを30日間無料体験する

ダウントン・アビーの作品概要・あらすじ

ダウントン・アビー(DOWNTON ABBEY)
2019年・イギリス
監督:マイケル・エングラー
原作・脚本:ジュリアン・フェロウズ
出演:ヒュー・ボネヴィル/ジム・カーター/ミシェル・ドッカリー/エリザベス・マクガヴァン/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン

映画ダウントン・アビー あらすじ

20世紀初頭、イングランド北東部、ヨークシャーのダウントン村にある壮麗な大邸宅「ダウントン・アビー」には、当主のグランサム伯爵ロバート・クローリーと、その妻でアメリカ出身のコーラ、長女メアリーとその息子、亡き三女シビルの夫トム・ブランソンと娘が暮らしている。次女イーディス一家も来訪し、先代伯爵夫人バイオレットや、メアリーの亡夫マシューの母親イザベル・マートンもたびたび訪れる。このダウントンをジョージ5世国王とメアリー王妃が訪れることになり、一家も使用人たちも興奮の極みに達する。壮大なパレードや豪勢な晩餐会の準備が必要だ。今やダウントンを切り盛りしている長女メアリーは、この難事を前に、引退していた元執事のカーソンに助けを求める。

引用元:映画ダウントン・アビー公式サイト

ダウントン・アビー予告編はこちら

映画ダウントン・アビーのネタバレ感想

ハラハラドキドキのサスペンス、愛憎劇、激動の時代を生きた貴族と使用人を描いた、傑作英国ドラマの続編!映画「ダウントン・アビー」の個人的な感想(ネタバレあり)です。

映画冒頭で、パットモアさんによる「これまでのダウントン・アビー」が流れて、ドラマの内容もざっくりおさらいできますよ!

ダウントン・アビー下階チームVS王室軍団。誇りをかけた?バトル

バッキンガム宮殿から、ダウントンに届いた一通の手紙。それは英国国王夫妻訪問の知らせ。

噂はあっというまに知れ渡って、期待と誇りに輝く村人たち。

かおり
かおり
大変だ〜〜!国王様と王妃様がわが村にいらっしゃる!なんという名誉!

戦後〜現代にかけてスキャンダルまみれで、国民から軽んじられている感があるイギリス王室…だけど、1927年にはたくさんの庶民から敬われていたんですね。

国の象徴・権力者を尊び敬い愛する、むかしの庶民の純朴さが、滑稽でもあるんだけど、ピュアさが胸にしみる。日本各地でもありますよね、天皇陛下行幸の古〜い写真が何十年も大切に飾られていたり。

で、ダウントン・アビーの使用人たちも、国王陛下と王妃陛下のために料理をし!給仕をし!身の回りのお世話をする!!栄誉に武者震いするけれど

バッキンガム宮殿からのお達しは「王室の使用人、料理人がすべての仕事を執り行う慣例であるからして、お前たちど田舎の使用人どもに用はないッ!!」

ええー!ガッカリだよ!食料品店のおじさんも「うちの店の品が国王陛下のお口に入るなんて…これは私の人生の、この店の歴史のピークだ!」って感動に震えていたのに!

そこで侍女のアンナを筆頭に、ダウントンで仕切りたい!我らダウントンの栄誉を取り戻せ大作戦が発動・・・

かおり
かおり
…そんなことしていいの?

ねえねえ皆さん…出しゃばらず、慣例を守って耐えるのも、主人への忠義。ある意味立派なプロフェッショナルの姿じゃないの?というのも一瞬思った(ここはコメディなので、これでいいんですけどね)。

最高の栄誉にテンパって挙動不審すぎるモールズリーさんが、一番の爆笑をさらっておりました・・・

ダウントンチームにハメられてしまう、王室裏方の取り仕切るおじさん、家政婦長、料理人の面々が個性的でわかりやすい!!

高慢ちきなおじさん、いかにも意地悪そーな家政婦長と、いかにもおフランスを鼻にかけた感じの料理人、顔面が物語ってる(笑)

ほんと個性豊かなキャスティングがすばらしいですね!!

ダウントン・アビーを訪問する国王・王妃はだれ?

映画ダウントン・アビーに登場した王様と王妃様はだれ?って思いませんでしたか?

答えはジョージ5世とメアリー王妃。あのヴィクトリア女王の孫で、現イギリス君主のエリザベス女王のおじいさまにあたります。

映画で描かれるジョージ5世は庶民に掲載される、おヒゲがキリッとした立派な王様。実際に当時国民から人気があった王様だそうで…

初代エリザベス女王や、ヴィクトリア女王、現女王エリザベス2世…この辺はよくドラマ化や映画化されるけど、ジョージ5世が登場するのは結構珍しいな!?と思って。

ジョージ5世の長男は人妻と結婚したくて王位を捨てたあの人、エドワード8世。なので次男が次の国王ジョージ6世に。それがエリザベス女王のお父さん、映画「英国王のスピーチ」で吃音に悩んでいた、あの人ですね。

やっぱりメアリーは火のような女、そこそこ幸せだけどウジウジするイーディス

ドラマシリーズであれこれあって、ついにダウントンの執事におさまった、かつての問題児トーマス・バローさん。自分なりに仕事を勤め、お屋敷を切り盛りしているけど…

メアリーお嬢様が「国王来るのにやっぱバローじゃ心配だわ!引退したカーソンさんを復帰させましょ!」と鶴の一声

かおり
かおり
わーやっぱメアリーってこうだよねー

メアリーお嬢様、よく言えば、決断力と行動力があるワンマン社長タイプ。

悪く言えば、まわりの人間の気持ちをあまり考えないまま突っ走る…いつもどおりのメアリー様で安心しました(笑)

イーディスはといえば、ワケアリな事情も全て受け止めてくれる、心優しくて裕福な旦那様を得て、幸せな暮らしを満喫中。

…かと思いきや「興味もない貴族業務つかれた」「昔は好きな仕事をしてたのに」とウジウジを溜め込んでいる様子。

姉メアリーにイビられ、貧乏クジの連続だった過去からやっと抜け出せたのに、まだジメジメを引きずっているのか君は。

「わたし妊婦なのにアナタ、国王勅命だからって出張なんて困るわ!」実に普通な女。でもまあ、そうだよね。

最終的には、ジメジメを上回る旦那様の巨大な愛と優しさに包まれるイーディスでした。う〜ん、よかったね!

跡取りワンマン社長として重責を担ってがんばっているメアリーと、幸せのなかでもがくイーディス、相変わらずな二人が面白かったです。

相続問題が再燃!バイオレットおばあさまの毒舌も♡

ダウントン・アビーに欠かせないもの…それはバイオレットおばあ様の存在!

抜け目がなくてチャーミング、毒舌も健在のバイオレットおばあ様。今回も息子・グランサム伯爵とダウントンのために…むかし仲違いした親戚の女性、モード(イメルダ・スタウントン)と対決します。

子どもを持たずに夫を亡くしたモードが、自分の相続人に指名すべきなのはグランサム伯爵を頑なに相続人にしなかったこと…それが過去の確執の原因でした。

なぜなのッ!?おかしな考えを捨てて、正しき伝統にならうよう私が説得しなければ…!!と鼻息荒いおばあ様。

ダウントンを守るためなら、なりふり構わないのがバイオレットスタイルよ!嵐の予感!

2020年もマギー・スミスが変わらずスクリーンに登場して、元気な声が聴けるだけで胸がいっぱいです(笑)。だってわたしが子どもの頃すでにマギー・スミスは立派なおばあちゃんだったもん〜。今年85歳ですって!いつもどおりチャーミングで、元気でお芝居してくれて、うれしい。

モード役のイメルダ・スタウントンは、ナニー・マクフィーやハリー・ポッター、マレフィセントの妖精とか、面白キャラのイメージが強かったけど、今回は秘密を抱えながら毅然と生きる女性モードを、繊細に力強く演じていました。実はマイク・リー監督の「ヴェラ・ドレイク」で数々の賞に輝いたり、ミュージカルで歌も歌ったり、大女優!

マシューのお母さんイザベル(ペネロープ・ウィルソン)は、相変わらず洞察力に優れて、思慮深くて、かっこいい。

ジョージ5世と一緒に行幸するメアリー王妃(ジェラルディン・ジェームズ)は威厳とやさしさに溢れて。

国王夫妻の前でテンパって大失態をやらかす下僕のモールズリーさんに、「人は私たちを見ると挙動不審になるの」ってねえ…

豪華キャストの名演がすばらしく、どこを切り取っても飽きない楽しい時間!

トム・ブランソン大活躍しすぎ♡だったね。

アイルランド出身の社会主義者で、お屋敷の元運転手!そんな異色の経歴を持つトムが今回は活躍しましたね…

反体制テロリストをとっつかまえるし、本人も知らないうちに王女様のセラピーをしちゃって、結婚生活の悩みを解決しちゃいます。

そして妻シビルが去ってから、女運がなかったトムが運命の相手に出会った?っぽい。

ダウントンの主グランサム伯爵の親戚モードが、相続人として選んだのがなんと身分の低いメイドで・・・すったもんだ。

でも実はそのメイドちゃんがモードの隠し子だったのです!相続するのは当然なのです!

メイドちゃんは人間性もよく、トムと恋に落ちるのです。ゆくゆく二人が結婚したら、最終的にモードの家の財産も、グランサム伯爵家に合流するよね〜!めでたし!!!

もんのすごいご都合主義的展開……だけど、まあいっか幸せだし。バイオレットお祖母様も喜んでたし。

かおり
かおり
トム役のアレン・リーチさん、ドラマ終盤で太ってむっちりされていたのが、元の感じに戻っていてよかったですわ…

トーマス・バローの新しい恋。よかったね(涙)

ワンマン社長メアリーお嬢様のおかげで、一時的に執事職を追われてしまい、ヘソを曲げたトーマス・バローさん…でしたが

王室裏方スタッフの一人、エリスさん(感じのいいハンサム)と友達になり、二人で小旅行(なんという急展開)。

出かけた先のパブで待ちぼうけ状態のトーマスに、見知らぬおじさんが近づいてきて、なんだかよくない予感。「いい店ありますぜ」っていうおじさんについて行ってしまうトーマス。

かおり
かおり
ホイホイついて行くなよ!!

連れて行かれたのは、地元の隠れゲイバーでした。1927年イギリスにおいてゲイは非合法、ゲイバーも非合法。

日頃世間の目を避けて生きているゲイ男性たちが、自由を謳歌する空間に「こんな世界があったなんて…」と感動するトーマス。こういうところでふと純粋さを見せるから憎めないのよね、トーマス…

が!間髪入れずに警察の手入れが!!逃げ遅れて留置場に入れられてしまうトーマス…ホイホイついていくからこんな目に会うんだよ!!

トーマスのホイホイおバカさん!どうなっちゃうんだよ!とハラハラしていた、感じのいいハンサムなエリスさんが地元警察で「王室&貴族関係者パワー」をチラつかせ、トーマスを釈放させてくれました。

感じが良くてハンサムな上に、なんて頼れる男!!トーマス!!目!!完全に恋してるわ^^

「俺たちみたいな人間が、堂々と生きられる時代がいつか来たら…」と語るんですけど、ええ、来るよ!完璧じゃないけど、100年後はいい感じだよ!

ドラマでのトーマスといえば、お屋敷でいじわるの限りを尽くし、戦争に行ってわざと怪我して帰ってきたり、金儲けを目論んで騙されて大失敗したり、ゲイを苦にしてあやしい治療に手をだしてしまったり…(泣ける)

姑息でずる賢いのに、人間臭くて憎めないトーマス。強がっているけどずっと孤独だったトーマスが、ようやくまともないい人に出会えた…!!

ラストでは恋人未満な感じのトーマスとエリスさんだったけど、これから幸せになってくれることを願います。

ドラマシリーズの波乱万丈を越えてきた「今」の幸せ

映画の感想を一言でいうなら「とにかく幸せだった」!

ドラマを思い出せば出すほど、憎しみ合ったり、騙し騙され、重い秘密を抱え、投獄されたり、大切な人を次々なくしたり、病気になったり…とにかく波乱万丈だった日々が思い出され。

かおり
かおり
ドラマでは辛いことがありすぎたけど、映画がハッピーで救われた…

観る前はたった2時間のなかで、どこまで描けるの?と最初は思ったけど、たくさんの登場人物がそれぞれ活かされていて、笑って、幸せになれました。ドラマファンなら絶対に楽しめる、感無量のエピローグ!!

映画がヒットしたので、さらに続編も企画されているとのことです。

冷静に考えると、このあとの時代は世界恐慌、第二次世界大戦とまた暗い時相になっていくけど、ダウントンのみんなはどうなっちゃうんでしょ?!みんな〜生きて!!

映画「ダウントン・アビー」のネタバレ感想をまとめました。

もう一度ドラマもシーズン1から観たくなっちゃった!ドラマの「ダウントン・アビー」はAmazonプライムビデオで配信しています。

\月408円で映画・ドラマが楽しめる/
>>プライムビデオを30日間無料体験する

Netflix・Hulu・Amazon・U-NEXTどれがおすすめ?実際に利用した使い勝手を比較。
Netflix,Hulu,Amazonプライム,U-NEXTおすすめはどれ?使い勝手・料金・機能を比較。U-NEXT・Netflix・Hulu・Amazonプライムビデオ、動画配信サービスはどれがいいの?人気の4社の動画配信サービスを実際に利用した使い勝手、料金、機能を比較して紹介します。...
女王陛下のお気に入り/あらすじ&ネタバレ感想。ラストシーンとウサギの意味は?
女王陛下のお気に入り、ラストとウサギの意味は?ネタバレ感想と考察女王陛下のお気に入りのあらすじとネタバレ感想、結末に登場するうさぎシーンについての考察です。18世紀のイギリス王室を舞台に、女王のお気に入りの地位を巡って争う、女性たちの愛憎を描くドラマ。女王の孤独、お気に入りやウサギたちがどんな意味を持つのか…考察しました。...
あなたにおすすめ