ドラマ

女王陛下のお気に入り/ラストとウサギの意味は?ネタバレ感想&あらすじ

女王陛下のお気に入り/あらすじ&ネタバレ感想。ラストシーンとウサギの意味は?

かおり(@kemcy15です。

話題の映画「女王陛下のお気に入り」を観ました♡

18世紀のイギリス王室を舞台に、女王の「お気に入り」の地位を巡って争う、女性たちの愛憎を描く大人のドラマ。

アカデミー賞主演女優賞を受賞した、アン女王役オリヴィア・コールマンの演技が記憶に焼きついてしょうがない!

「女王陛下のお気に入り」あらすじ・キャストの紹介と感想です♪

かおり
かおり
前半はネタバレなし。後半からはネタバレあるので未見の人は注意♡

「女王陛下のお気に入り」は、字幕・吹き替えどちらも動画配信サービス U-NEXTで配信中。

初回お試しでもらえるポイントを使うと、無料で観られます!

\映画・ドラマが14万作品以上/
>>U-NEXTを31日間無料体験する

女王陛下のお気に入りの作品概要・あらすじ

女王陛下のお気に入り
The Favourite(2018 アイルランド・アメリカ・イギリス)
監督:ヨルゴス・ランティモス
出演:エマ・ストーン、レイチェル・ワイズ、オリヴィア・コールマン、ニコラス・ホルト、ジョー・アルウィン

あらすじ
18世紀初頭のイギリス王室。国を統治するアン女王(オリヴィア・コールマン)の世話係として、参謀として強大な権力を得ていたのは、女王の幼馴染のレディ・サラ(レイチェル・ワイズ)だった。

生家が没落し貴族の地位を失った娘、アビゲイル(エマ・ストーン)は、従姉妹のサラを頼り、王宮の召使として雇われる。その才気を買ったサラは、アビゲイルを召使いから女官として取り立て、手駒として利用する。

政治も軍略もサラに頼りきりの女王。権力を盾に好き放題振る舞うサラに対して、疑問を持ち始めたアビゲイルはある日、サラと女王の秘密を知ってしまう。

年齢制限はPG-12

PG12…12歳未満(小学生以下)の鑑賞には、成人保護者の助言や指導が適当とされる区分のこと。

(出典:Wikipedia

「女王陛下のお気に入り」はPG12指定となっています。モロではないものの、性描写が一部ありますので承知して観たほうがいいかも。

かおり
かおり
お母さんと一緒に観に行っちゃダメ!気まずいよ!

予告編はこちら

女王陛下のお気に入りの登場人物とキャスト

「女王陛下のお気に入り」の登場人物(キャラクター)と、演じるキャストを紹介します!

アン女王(オリヴィア・コールマン)

フランスと戦争状態にある、18世紀初頭グレートブリテン王国の君主。過食と痛風に苦しむ、情緒不安定な中年女性。政治的ブレーンとして、世話係で幼馴染のサラを頼り、主導権を握られている。

オリヴィア・コールマン
主な出演作:
・ホット・ファズー俺たちスーパーポリスメン!
・マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
・ロブスター
・オリエント急行殺人事件

レディ・サラ/サラ・ジェニングス(レイチェル・ワイズ)

名門貴族マールバラ公爵の妻であり、女王の側近。幼馴染として公私に渡って女王を支え、国家の実権を握る女性。鋭い知性と実行力があり、政策や軍事にも意見する大きな影響力を持つ。女王に対しては時折辛辣な言葉を浴びせながらも、信頼を得ている。

レイチェル・ワイズ
主な出演作:
・ハムナプトラシリーズ
・ナイロビの蜂
・マイ・ブルーベリー・ナイツ
・ロブスター

アビゲイル・メイシャム/アビゲイル・ヒル(エマ・ストーン)

貴族の身分だったが実家が没落し、親戚であるレディ・サラを頼り王宮の女中になる。薬草で女王の痛風の症状を和らげたことをきっかけに、女官に出世。サラに替わって女王の側仕えをし、宮廷の秘密や謀略を目にするうちに「没落した生家の復興」という野心が芽生える。

エマ・ストーン
主な出演作:
・ラブ・アゲイン
・アメイジング・スパイダーマンシリーズ
・バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
・ラ・ラ・ランド

ロバート・ハーレー(ニコラス・ホルト)

戦争継続を巡ってレディ・サラと対立している、トーリー党の若手政治家。女王の側近となったアビゲイルを利用して、女王に取り入り、議会で優位に立とうと画策する。

ニコラス・ホルト
主な出演作:
・X-MENシリーズ
・ジャックと天空の巨人
・マッドマックス 怒りのデス・ロード

サミュエル・メイシャム大佐(ジョー・アルウィン)

アビゲイルと出会い、恋心を抱く若い貴族。

ジョー・アルウィン
主な出演作:
・ビリー・リンの永遠の一日
・ある少年の告白
・ふたりの女王 メアリーとエリザベス

マールバラ公爵ジョン(マーク・ゲイティス)

レディ・サラの夫で、陸軍軍人でもある公爵。

マーク・ゲイティス
主な出演作:
・シャーロックシリーズ
・ゲーム・オブ・スローンズ



ネタバレ有/女王陛下のお気に入りのあらすじ

かおり
かおり
ここからネタバレです

女王とサラの同性愛の秘密を目撃した、アビゲイル。ハーレー卿からは、スパイとしてサラを偵察するよう打診されるも断り、そのことをサラに密告します。さらに「あなたと女王の秘密の関係を知っている」と告白すると、サラはアビゲイルに向けて空砲を撃ち、警告します。

「賢く振舞わねば身の破滅」そう思い知ったアビゲイルは、サラが多忙で不在の間にあの手この手で女王に取り入り、新しい愛人となります。そのことを知ったサラは激昂。女王は女王で、二人の女が自分の寵愛を競う状況を楽しんでいました。

権力を奪おうと、ハーレー卿の要求をのみ、スパイ行為をするアビゲイル。ついにはサラの飲み物に毒を盛り・・・サラは乗馬中に意識を失い重傷、そのまま行方不明に。

アビゲイルはすかさず策を弄して、若い貴族のメイシャムと結婚。憔悴するアン女王の側でサラの後釜に座り、女中の身分から貴族の地位に登りつめ、財産も得たのでした。

サラは命を取り止めて宮殿に戻るものの、女王との間にできた溝が埋められないことに焦り「ラブレターを公開してスキャンダルにする」と女王を脅迫してしまいます。それが原因で追放を言い渡されたサラは、女王に関係修復を望んで手紙を送りますが、アビゲイルが手紙を抜き取り、燃やしてしまいました。

夫とともにサラは追放され、戦争は終わり。宮殿に残されたのは、サラを失った事実に呆然とする女王と、寵愛と権力を得た「新しい愛人」アビゲイル、そしてカゴの中のウサギたちでした。

ネタバレ有/女王陛下のお気に入り:感想

「女王陛下のお気に入り」を観た個人的な感想と、登場人物について、ラストシーン意味ありげだったウサギは何を象徴していたのか?考察です。

オリヴィア・コールマン演じる、傷つき苦しみながら重責を背負った、孤独な女王

アン女王を演じた、オリヴィア・コールマンがアカデミー賞主演女優賞を受賞。演技も素晴らしかったし、女王の人生と孤独が、心に深く残りました。

18世紀イギリスに実在したアン女王は、結婚して17人の子どもを授かるものの、流産や死産、生まれた子も病気で、17人全員を失ったそうです。自己免疫疾患のせいだと言われています。

「女王陛下のお気に入り」では、寝室でふわふわのウサギを飼い、17人の子どもの代わりとして愛情を注いでいました。

痛風を患いながら、気晴らしをしても過食はやめられず、側近のサラに甘えるか、八つ当たりするか、死にたくなるか。

これってわがままなのか?女王は弱い人間でしょうか?

子どもを全部亡くして、世界一重くてしかも逃げられない仕事「君主」を務め、いろんなものに依存しながらも、なんとか生きている。これって、真似できないすごいことだと私は感じました…

流産、死産を繰り返しながら17回妊娠するって、想像しただけでも悲痛じゃないですか。アン女王がそうしなければいけなかったのは、時代もあるし、世継ぎを残さないといけないからですよね。でも成し遂げられなかった。

姉、姉の夫、それから自分に回って来た王冠。満身創痍でも、死ぬまでやめられない仕事。

かおり
かおり
そりゃ食べまくって女の愛人でも作らなきゃ、やってらんねーよ!

冒頭で、アン女王の頭に載っていた王冠が外されるのが、すごく重そう。王冠=女王の重責を表していると思います。

序盤で「舌がもつれるのよね」というセリフがあり、これ脳梗塞フラグね、と思ったら、途中でやっぱり半身マヒになってしまう、アン女王。

顔半分が動きません。
これ、演技なの・・・?すごくない・・・?

しかも周りの人間がマヒを気にとめている様子がない。このまま死んじゃうんじゃないかと思いましたが、ボロボロになりながらも、ちゃんと仕事しようとするんですよ、女王。

最後の方はオリヴィア・コールマンの目を見ていると、女王は自分の壊れ具合も愚かさも全部わかっていて、それでもこうなってしまったという諦めも感じました。

三者三様の「生きるための闘い」

「女同士のドロドロした戦い、愛憎劇」と聞くと恐ろしげだし、観て重苦しく感じてゲンナリした人もいるかもしれませんけど、私は三者三様の「生きるための闘い」だなあ、と感じました。

心身ともに傷ついて、とっくに限界を超えている女王。生きるためには唯一の友人で、愛人であるサラへの依存が必要。

女王の幼馴染で側近として仕えて来たサラは、もう権力なしでは生きられません。「権力」と「女王の寵愛」はセットなので、執着します。

最後の最後にサラが女王へあてた手紙。それを読んで燃やしたアビゲイルは涙を流しました。何が綴られていたでしょう?

サラは「女王」を愛していたでしょうか?それとも「権力」を愛していたのでしょうか?「どちらも真剣に(彼女のやり方で)愛していた」そんな気がしています。

アビゲイルに関しては、王宮にやって来た当初は、たくましい人間ではあっても、そこまで野心家ではなかったと思うんですよね。サラや女王を見て、身の振り方を考えているうちに「貴族に返り咲いてやる」という野心が芽生えて、後は坂を転がり落ちたような・・・

貴族に生まれつきながら「父が賭けに負けて、景品としてドイツ人に差し出された」という、最悪の転落経験をしたアビゲイルにとっては、生きること=身の安全=貴族の身分。そのために女王の寵愛にも執着したのだと思います。

自然光撮影・広角レンズの効果は?

音楽が独特でした。色がなくすべてのモノクロ衣装や、現代風のセリフは、あえて史実から逸脱させていて遊びがいっぱい。そして自然光と、広角・魚眼レンズでの撮影が印象的。

「広角撮影のおかげで、感情移入できる」という意見と「広角撮影のおかげで、感情移入しない」という意見、ネットでは両方を見かけたけど・・・^^
私は感情移入しない派でした。

歪んだ画面を通して、人間たちの奇妙な振る舞いを遠くから観察している感じ。善も悪もない。誰にも感情移入せずに、この人にとっての幸せは?愛は?って考えていました。人によると思いますが。

男など存在しないかのよう。怯まない屈しない女たち。

サラの夫役は、BBCのシャーロックシリーズでマイクロフトを演じたマーク・ゲイティス!ハーレー卿を演じる、ニコラス・ホルト!とっても素敵な俳優さんたちが、主役の女性陣を引き立てています。

かおり
かおり
男性の扱いがひどくて笑える。

18世紀イギリス、女性には参政権も財産権もなかったと思います。たぶん。そんな世界だというのに、中枢で女たちが国を動かす権力を握っているという面白さ。しかも寵愛を競ったり、謀略アレコレの片手間に。

男たちといえばプードルみたいなカツラをかぶって「男はプリティでなきゃ」とアホなお化粧をして、アヒルレースや裸の男にフルーツ投げたり、狂気じみた遊びに夢中。自分たちが仕切っているつもりで女に手玉に取られ、結婚してやったつもりで出世の道具にされ・・・滑稽。

メイシャムから好意を寄せられたアビゲイルが、あっけらかんと「私あんたと結婚するわー!」「ハンサムね」とか言うものの、恋心も恥じらいもなく、結婚初夜はあんなだし(笑)男を出世や謀略の道具としか見ていないのが、まったく清々しい。

ハーレー卿に圧力をかけられても、全然屈しません。それどころか逆に「ウソ泣き」で男を怯ませて「へっ、やったぜ」みたいな。女の武器を使う唯一の場面ですが、みじんも湿っぽさがないのです。もう面白すぎる。


ラストシーンとウサギの意味を考えた

女王は昼寝中。側に仕えるアビゲイルは、読書しながら戯れにウサちゃんを踏んづけてみます。基本的にウサギは鳴かないはずですが、ヒールで踏まれて「ピギー」みたいに叫びます。

わが子同然のウサギの悲鳴が耳に入り、目覚める女王。薄々感じてはいたでしょうけど、ここで「何かがおかしい」と過ちに気づいたと思います。

サラはウサギたちを可愛がりはしなかったものの、女王が大切にしているものを傷つける、そんなことは絶対にしない人間だった。それはサラの真心であり、愛だった。

でも、永遠に失われてしまい、戻らない。

女王は起き上がり、アビゲイルに「足を揉め」と命じます。怒りと悲しみを諦めを通り越したような、女王の表情。

アビゲイルも何かに気づいたような表情変わっていきます。

下働きの身分から登りつめ、願っていた貴族の地位を得た。そのために何でもやってきた。今や財産もあり、宮殿で暮らしている。

貴族たちと遊びに興じて、女王に仕えていれば、安全が保証される。生きるために愛人でいればいい。選択肢はない。

あれ?あれ?あれ、おかしいな

借金のカタに、キモい男に売られて奴隷人生を送る、そんなのだけは嫌だと思ってきたけど・・・今の境遇と、実は大差ないんじゃ・・・?

いや、そんなはずはない。そんなはずは・・・

っていうね、ラストはそんな感じに思えましたが、どうなんでしょうか。

そしてアビゲイルの困惑の表情に重なる、ウサギの群れは何をあらわしているのか。

女王が失った子どもの代わりにウサギを愛したように、アビゲイルもサラの「代わりのウサギ」でしかない。

なんなら、女王もアビゲイルも、見ている観客も「思い通りに生きているつもりで、実は選択肢がなく、内心諦めながらカゴの中に生きる、いつでもすげ替え可能」って意味で、ウサギなんじゃない?どう思う?ねえねえ?

そんな風に問われている気がしました。

かおり
かおり
ラストシーン、あなたは何を感じた?

面白い?つまらない?女王陛下のお気に入りの評価は?

女王陛下のお気に入りの評価は?面白い?つまらない?出典:https://www.rottentomatoes.com

アメリカの老舗映画批評サイト、RottenTomatoesでの今日のところの評価(点数)は94%、批評家からは超高評価な一方で、ユーザーからの評価は66%。これって玄人向けでわかりにくいってこと?

辛口評価は「退屈」「意味がわからない」「グロテスクで不快」「嫉妬、裏切り、後味が悪い」こんな感想が多めです。

逆に高評価の感想は「ユニークな衣装」「絵画のような映像」「演技の素晴らしさ」「機知、ユーモア、愛」こんな感じでした。

かおり
かおり
暗いと感じるか、ユーモアを感じるかで評価が別れるのかも!?

私は広角レンズのおかげか?誰にも感情移入せず、ただ俯瞰して人物の思惑を考えたり、展開を楽しむことができて、面白かった!です!

ヨルゴス・ランティモス監督作品を初めて観ました!次は不思議なコメディ「ロブスター」をみてみたい。

「ロブスター」にはレイチェル・ワイズ、オリヴィア・コールマンも出演。ヨルゴス・ランティモス監督作品は、動画配信サービス U-NEXTで配信しています。

U-NEXTで観られるヨルゴス・ランティモス監督作品
・女王陛下のお気に入り
・ロブスター
・聖なる鹿殺し
・籠の中の乙女

U-NEXTは入会時にもらえる600円分のポイント利用で、レンタル作品も実質無料で視聴できます。ランティモス監督の世界を楽しみたい人は、このチャンスにぜひどうぞ。

\無料お試しでも600円分のポイントもらえます/
>>U-NEXTを31日間無料体験する

かおり
かおり
「女王陛下のお気に入り」、独特の美意識と世界観が面白かった!ランティモス監督の他の作品もこれからチェックしてみたいと思います♡
Netflix・Hulu・Amazon・U-NEXTどれがおすすめ?実際に利用した使い勝手を比較。
Netflix・Hulu・Amazon・U-NEXTおすすめはどれ?使い勝手をガチで比較。映画やドラマがお家で好きなだけ見放題。動画配信サービスはどれがいいの?いま人気の【Netflix・Hulu・Amazonプライムビデオ】3つのサービスの料金、機能、使い勝手を比較して紹介します。...
あなたにおすすめ