ディズニー

シュガーラッシュオンラインは感動作?つまらない?プリンセスからエンドロールまで評価と感想

(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

かおり@kemcy15)です。2018年12月21日から全国公開している、ディズニー映画『シュガー・ラッシュ:オンライン』面白いの?つまらないの?

シュガーラッシュ2を観て、率直な感想、気になったポイント、良かった点&イマイチだった点をまとめました!

kaori
kaori
途中からネタバレもあるので未見の方はご注意ください♪

「シュガーラッシュ:オンライン」は、動画配信サービスU-NEXTで配信中。

入会時にもらえる600円分のポイントを使うと、実質無料で観られるので、まだの方はぜひ。

\ 映画14万作品以上。解約はいつでもできます/
>>U-NEXTを31日間無料で体験する

すぐ読める目次

シュガーラッシュオンラインの概要

シュガー・ラッシュ:オンライン
Ralph Breaks the Internet(2018 アメリカ)
監督:リッチ・ムーア/フィル・ジョンストン
脚本:フィル・ジョンストン
製作:クラーク・スペンサー
音楽:ヘンリー・ジャックマン
出演:ジョン・C・ライリー、サラ・シルヴァーマン、ガル・ガドット、タラジ・P・ヘンソン
日本語版:山寺宏一、諸星すみれ、菜々緒

シュガーラッシュオンラインのあらすじ

前作「シュガー・ラッシュ」の主人公、ラルフ&ヴァネロペの二人が、ゲームの世界から飛び出し、インターネットの世界で冒険します。

友情で結ばれ、たのしい毎日を過ごしていたラルフ&ヴァネロペ。ところがある日、ラルフのお節介が元で、ヴァネロペのゲーム「シュガー・ラッシュ」が故障!交換部品を見つけてゲームを元に戻さないと、ヴァネロペやシュガーラッシュの住民たちは、住むところがなくなってしまいます。

…部品を探すためにラルフ&ヴァネロペは、それまで人生の全てだったアーケードゲームの世界を飛び出して、見たこともないインターネットの世界へ。新しく広大な世界で、二人の友情にも試練が降りかかります。無事、交換部品を見つけて「シュガー・ラッシュ」を救うことができるのか?二人の友情の行方は?

ネタバレ:シュガーラッシュオンラインの登場人物(キャラクター)声優・吹替と雑感

この記事には映画「シュガー・ラッシュ:オンライン」のネタバレとなる内容が含まれています。

ラルフ(レック・イット・ラルフ)…演:ジョン・C・ライリー/吹替:山寺宏一

30年以上アーケードゲームの悪役を務める大男。心優しく不器用で、親友のヴァネロペへの友情が重くて、重すぎて、本作ではトラブルの元に…

英語版声優は、いろんな映画で見かける名脇役、ジョン・C・ライリー。個人的にはロブ・マーシャル監督の「シカゴ」で「ミスター・セロファン」を歌っていたのが印象に残っています♡

ヴァネロペ(ヴァネロペ・フォン・シュウィーツ)演:サラ・シルバーマン/吹替:諸星すみれ

(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

レースゲーム「シュガー・ラッシュ」のキャラであり、お姫様。天才レーサーでスリルとスピードが大好き!可愛いスイーツゲーム、シュガーラッシュとは全然違う、オンラインゲーム「スローターレース」の荒廃した世界に出会って惹かれていきます。

声優は、コメディアンのサラ・シルバーマン。特徴あるダミ声。ジャック・ブラックのコメディ映画「スクールオブロック」にも出演していたり、女優さんでもあります。日本ではほぼ知られていない気がしますが、アメリカでは過激な笑いで人気のコメディエンヌ…

kaori
kaori
子どもには絶対見せられない下ネタ満載の番組は、Netflixで視聴できます♡



フィックス・イット・フェリックスJr.…演:ジャック・マクブレイヤー /吹替:花輪英司

ラルフが悪役として登場する「フィックス・イット・フェリックス」の主人公キャラ。

カルホーン軍曹…演:ジェーン・リンチ /吹替:田村聖子

カルホーン軍曹 演:ジェーン・リンチ(C)2018 Disney. All Rights Reserved.(C)Twentieth Century Fox Film Corporation.All Rights Reserved.

タフな軍人さん。前作でフィックスと結婚して、今作ではシュガーラッシュを追い出されたレーサーたちを夫婦で養子として迎える決断をする。

声は青春ミュージカルドラマ「Glee」スー・シルベスター先生役でおなじみの、ジェーン・リンチ。

kaori
kaori
男前な役柄がやっぱり似合う〜!

シャンク…演:ガル・ガドット /吹替:菜々緒

オンラインレースゲーム「スローターレース」に登場するボスキャラ。ゲーム内では悪役だけど、優しく美しい凄腕レーサー。

演じるのは「ワンダー・ウーマン」のガル・ガドット。強さと美しさがそのまま、ハマっています!

イエス…演:タラジ・P・ヘンソン/吹替:浅野まゆみ

動画投稿サイト「バズチューブ」のアルゴリズムを仕切っている運営者。青くてかっこいい女ボス。部品の落札価格を稼ぎたいラルフに協力して、動画をバズらせる。

演じるのはドラマ「パーソン・オブ・インタレスト」でカーター刑事役だった、タラジ・P・ヘンソン。吹替版もパーソン・オブ・インタレストと同じ浅野まゆみさん!!個人的に、吹替でドラマをずっと見ていたので、おおっっ!!ってなりました♡

ノウズモア…演:アラン・テュディック/吹替:野中秀哲

紫色のサーチエンジンおじさん。親切丁寧誠実に、すばやく検索してくれるけど、キーワードを伝え終わる前に先走る、検索予測機能がちょっぴりウザい。

JP・スパムリー(&ゴード)(演:ビル・ヘイダー/吹替:上田燿司)

ポップアップ広告を持って、「かんたんにお金を稼げるよ!」って街角に立っている緑色の男。無口で腕が伸びる相棒ゴードと一緒に、ポップアップをクリックした人を小遣い稼ぎサイトへ誘導するビジネスをしている。

通りすがりのユーザーに声をかけてはウザがられるスパムリー。「どうしてみんな、無視するんだろう…」としょんぼりしていて、そう、嫌われ者のポップアップもスパムも、ただ自分の仕事をしているだけなのよね、と考えさせられる(いや、迷惑だけど^^)…個人的にはお気に入りキャラです。

ダブル・ダン(&リトル・ダン)…演:アルフレッド・モリーナ/吹替:広田みのる

ダブル・ダン(&リトル・ダン)アルフレッド・モリーナ(C)2018 Disney. All Rights Reserved.

ゴードの親戚。ダークネットの薄暗い地下で暮らし、コンピューターウイルスを作ってペットのように飼っている、怪しい人(生き物?)。首元に「見てはいけない双子の弟」リトル・ダンが居る。

声を演じるのは、アルフレッド・モリーナ!!ダブルダンはスターウォーズのジャバザハットに、アルフレッドモリーナの顔だけつけたような、肌色の不思議なキャラ。肌のしっとりしつつボツボツした質感が…なかなか気持ち悪くて…いい感じです。



ディズニープリンセスたち

シュガーラッシュオンライン予告映像やCMでも話題になった、歴代ディズニープリンセス大集合シーン。実在するWEBサイト「OH MY DISNEY」のプリンセス専用ルームに迷い込んだヴァネロペが、14人のプリンセスに出会います。

英語版声優も、吹替声優も、元作品と同じ俳優さんを起用するというこだわり。ファンの期待を裏切らないですね!

プリンセス声優/吹替俳優
・アナ

演:クリステン・ベル/吹替:神田沙也加
・エルサ
演:イディナ・メンゼル/吹替:松たか子
・モアナ
演:アウリイ・クラヴァーリョ/吹替:屋比久知奈
・ラプンツェル
演:マンディ・ムーア/吹替:中川翔子
・シンデレラ
演:ジェニファー・ヘイル/吹替:鈴木より子
・オーロラ
演:ケイト・ヒギンズ/吹替:すずきまゆみ
・アリエル
演:ジョディ・ベンソン/吹替:小此木まり
・メリダ
演:ケリー・マクドナルド/吹替:大島優子
・ベル
演:ペイジ・オハラ/吹替:平川めぐみ
・ジャスミン
演:リンダ・ラーキン/吹替:麻生かほ里
・ポカホンタス
演:アイリーン・ベダード/吹替:土居裕子
・ムーラン
演:ミン・ナ/吹替:すずきまゆみ
・ティアナ
演:アニカ・ノニ・ローズ/吹替:鈴木ほのか
・白雪姫
演:パメラ・リボン/吹替:小鳩くるみ

ネタバレ:シュガーラッシュオンラインのココが良かった!

シュガーラッシュ:オンライン、ここが素晴らしかった!感動したポイントについての感想です。

インターネット世界の描写が面白い

ゲームセンターの経営者、リトワクさんのパソコン(めっちゃ懐かしのimac!!!)のWifiから、ネット回線を通ってインターネットの世界へ!スピード感と驚きと、美しくてワクワクするシーンです。

実在のサイトやおなじみの企業がビルや看板として表現されていて、面白い!

Amazon、ebay、twitter、Google、Youtube、Facebook、Instagram、Pinterest、McAfee、IMDB、TripAdvisor、Skype、Snapchatなどなど、たくさん目に飛び込んできて忙しいけど、楽しいのです。

Twitterは森の木で小鳥がピーチクパーチクTweetしていたり、イメージそのまんまな描写も面白い。

PinterestやInstagramはお上品な美術館みたいになっていて、え?!そうかな!?って思いましたが(笑)

動画サイトBuzztube(こちらは実在しないサイト)では、赤ちゃん、猫、ヤギ、おバカなチャレンジ…って、なんてしょうもない動画にみんな熱中しているの!でも現実もそうですよね(笑)

ポップアップ広告がどこからともなく現れ、ポップアップブロッカーに撃退されたり。ebayの代金支払い期限を何度もメッセージで知らせてきたり。ネットユーザーのリアルな日常を感じました。

迫力あるレース、アクションシーン

アーケードゲーム「シュガーラッシュ」はカラフルなスイーツいっぱいで、女子がハマる!可愛い版マリオカートみたいな感じですね。

オンラインゲームの「スローターレース」は汚く危険な街で、ルール無用・荒くれ者のデスマッチレース!という真逆な雰囲気で、下水道からサメが登場したりハチャメチャ(笑)。カメラワークがかっこよくて、スピード感と臨場感あふれるレースシーンが良かったです。

終盤、キングコングと化したラルフとPintarestのピンで戦うラルフ!落ちたり登ったり、空間を全方向に使うアクションも面白かった!

キャラと小ネタ満載。ディズニープリンセス総出演!

ゲームセンターの裏側には、ソニック・ザ・ヘッジホッグや、ストリートファイター2のザンギエフや昇竜拳の人がいたり。

ネットの世界にはトイストーリーのバズ・ライトイヤー、ベイマックス、ズートピアのきつねのニック、アイアンマンやスターウォーズのキャラが登場して、ディズニーのファンサービス、すごいね!

ディズニープリンセスの捨て身のギャグ&アクションは、やりすぎ感もあったけど、楽しませてくれました…



リトワクさんの初代imac!

出典
www.stevejobsmuseum.net


個人的に一番うおおっ!と思った小ネタは…

ゲームセンターのリトワクさんが、初代imacを使っているところ!!

リトワクさんのimac

カラー:ボンダイブルー
OS:Mac OS 8.1
発売日:1998年8月
USB1.1に、無線LANアダプタを挿してWi-fi接続してると思う…

リトワクさん、物持ちよすぎなの?倹約家なの?Appleへの愛がすごいの?(笑)20年前のmacでも、ebayでちゃんとお買い物できるなんて♡よかった。

物を大切にするリトワクさんなので、ゲームセンターの今後もかなり安心だと思いました!!

巣立ちと子離れの物語

インターネットという新しい世界で、自分が本当に求める生き方に出会って心惹かれるヴァネロペ。

一方で、古巣のゲームセンターで、今まで通りヴァネロペと一緒にあたたかく楽しく暮らし続けることを切望して、執着するラルフ。

友情の話ではあるけれど、ここで描いているのは「親子の別離に伴う感情の物語」ですよね。

子どもがいつまでも、親の目の届くところにいて、親が理解できる世界の中で生きることを願ってしまう親心。でもそんな枠にとどまらず、親が全く理解できない場所で自分らしく生きたい子どもだっているわけで。

変化も、考え方の違いもまるごと受け入れよう(悲しいし寂しいけど)。大切な人だから。そんな苦い終わり方でしんみりしました。

不完全な自分を受け入れて、癒し、成長する物語

物語中盤以降、ヴァネロペという親友と一緒にいたい気持ちが強すぎて、暴走した結果インターネット世界を破壊してしまうラルフ。

愛が重い。淋しい、離れたくない、そんな依存する気持ちが大切な人の自由と未来を奪ってしまう…わかるよ。だってさ、ラルフ30年も孤独に悪役をやってきて、初めてできた友達だものねえ。離れたくないよ。

しかし最後は「これではいけない!」と自ら気づき、自分自身を諭して、淋しい気持ちを昇華させるラルフ。えらいぞ!ブラボー!!

ラルフウイルスの撃退方法を検索エンジンのノウズモアさんに聞いたとき

解決法①ウイルス全員にセラピーを受けさせる
解決法②ウイルス駆除プログラムで除去

と教えてもらうのですが、結果的に、まさかの①セルフセラピーで解決。

人はみんな不完全だけど、自分の力で変わることができる。ここはすてきな展開でした。



ネタバレ:シュガーラッシュオンラインの気になった(イマイチだった)ところ

シュガーラッシュ:オンライン、ここはダメだった、不満が残った部分もありました・・・

ネタは楽しいけど、それだけでいいの?誰に向けて、何を届けたい映画だったのか。

ネタとファンサービス満載で、楽しさいっぱいだったけど…本当のところ、一体これは誰に向けた映画?というのが、鑑賞後の感想です。

ザンギエフのムダ毛処理がどうとか、ebayで商品落札とか、ディズニープリンセスの自虐ネタ、などなど、大人は楽しいけど、子どもにはピンと来ない笑いが多いのですよね。

例えば…
「ファインディング・ドリー」や「インサイド・ヘッド」、「トイ・ストーリー」のように、奇想天外な世界やドキドキアクションで、子どもも大人も心底楽しませつつ、グサーッと刺さるメッセージで大人の涙腺崩壊!…みたいな“凄み”までは正直、本作にはなかったのが残念。

「成長」や「子離れ」「大切な人を思えばこその別れ」がテーマと言えばテーマなんだろうけど、数々のファンサービス、ネタの印象が勝ちすぎて、物語の芯がぼやけた感がありました。

ディズニープリンセスの常識を壊す!も実は新しくない

ムーラン、エルサ、アナ、メリダなど、男性の力に頼らないプリンセスはこれまでにもディズニー作品に登場しています。

ディズニーアニメのセルフパロディ、プリンセスの自虐ネタは、エイミー・アダムス主演の「魔法にかけられて」でもやっていました。プリンセスが歌うとゴキブリとネズミがお部屋を掃除してくれたりね(笑)

シュガーラッシュオンラインでのプリンセスギャグはちょっとやりすぎ感…

「男の人がいないと何もできないって思われてる?」
「それってムカつくよね!」

「こういうの好きでしょ?」ってあざとい感じがしましたし、終盤でのプリンセスアクションは、(斬新だし楽しかったけど)ファンサービスのショーという印象。もうちょっとさりげない方が、本筋を邪魔しない…個人的には思うのですよ。

先が読める展開。キャラの見せ方が物足りない…

ダブル・ダン(&リトル・ダン)はせっかく一度見たら忘れられないキャラクターなのに、気色悪〜く登場して、ウイルスを渡しただけで退場。

この不可思議なキャラにはどういう含みがあるの?もうちょっといろんな事情を知りたかった!!

シャンクはキレイでワルそうに見えて、実は優しいお姉さんだったけど、本当の本当はやっぱりワルだったら!面白いのに…って頭をよぎったけど、そんなことはなく。

キャラの描き方が…もうちょっと濃いめだったらさらによかったと思いますが、プリンセス集合シーンのために尺が足りなかったかな。

終盤ラルフうじゃうじゃ出てきたので、これは合体するなあ、って思ったらやっぱり合体するし。序盤はスピード感ワクワク感があったけど、中盤以降は失速し、先の展開が読めてしまう感じでした。

エンドロールの後のリックロールじゃなくてWreckRoll

エンドロール途中で、タブレットでゲームをする小さい女の子が出てきて(実はモアナだそうです)、続いて「アナと雪の女王続編情報、お待たせしました〜」って予告が始まるかと思いきや、歌って踊るラルフが登場!!

WEBサイトや掲示板で、釣りリンクをクリックするとリック・アストリーの動画へ飛ばされる「リックロール」という事象のパロディ。その昔、流行りました。(ラルフバージョンは、Wreck in RalphからとってWreckRollと呼ぶらしいです)

リックロール (Rickroll) とは、リック・アストリーの1987年の楽曲「ギヴ・ユー・アップ」のミュージック・ビデオへの釣りリンクをクリックし、この動画を観て感銘を受けることをいう。(出典:Wikipedia

だから予告映像で「ギブ・ユー・アップ」がかかってたのね!(笑)って思ったし、ワケがわかる大人は楽しかったけど、子どもにとっては「いったい何が面白いの?」って感じかなあ。大人でも何これ?って置いてけぼりな人は多そうです。

リック・アストリーご本人も、WreckRollがお気に入り!!なんて微笑ましい…^^

シュガーラッシュ:オンライン。見たことのないネットの世界で、ドキドキの大冒険!

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥2,672
(2019/06/18 10:40:07時点 Amazon調べ-詳細)

一緒に観に行ったうちの小学生は、数々の小ネタには「??」って感じでしたが、プリンセスの活躍やラルフのおもしろバズ動画に大満足。

ネタに笑いつつ、キレイな映像やアクションが楽しめて、深く考えずに親子で鑑賞するのにちょうどいいディズニー作品でした。

「シュガーラッシュ:オンライン」は、動画配信サービスU-NEXTで配信中です。

U-NEXTのおすすめポイント
・字幕・吹き替えどちらも観られる
・31日間の無料体験あり
・無料お試しでも600円分のポイントがもらえてレンタル作も観られる
・マンガ・書籍・雑誌が読み放題

\ 映画・ドラマ・アニメ14万作品以上/
>>U-NEXTを31日間無料体験する

Netflix・Hulu・Amazon・U-NEXTどれがおすすめ?実際に利用した使い勝手を比較。
Netflix・Hulu・Amazon・U-NEXTおすすめはどれ?使い勝手をガチで比較。映画やドラマがお家で好きなだけ見放題。動画配信サービスはどれがいいの?いま人気の【Netflix・Hulu・Amazonプライムビデオ】3つのサービスの料金、機能、使い勝手を比較して紹介します。...
ABOUT ME
かおり@映画の国のお母さん
かおり@映画の国のお母さん
かおり(@kemcy15) 映画と海外ドラマを愛するミーハー主婦。東京から自然いっぱいの長野県に移住して子育てしています。このブログでは・映画&海外ドラマ・子連れ旅行について・暮らしのあれこれを書いています♡